本を探す > 

海外絵本, 成長物語

ねずみのペレスと歯のおはなし

作 アナ・クリスティーナ・エレロス
訳 大澤千加
絵 ビオレタ・ロピス

ISBN 978-4-907542-57-3

定価 本体1,650円+税

判型

頁数

発行日 

B5変上

40

2018/3/4

◇全国の書店で、無料でお取り寄せいただけます。ネット書店へのリンクはこちらから。

bnr_7net.png
bnr_rakuten.png
bnr_e_hon.png
bnr_tsutaya.png
bnr_hmv.png
bnr_yodobashi.png
bnr_amazon.png
bnr_honto.png
bnr_kinokuniya.png
bnr_honya_club.png
bnr_ehonnavi.png
bnr_yahoo.png
ねずみのペレスと歯のおはなし
ねずみのペレスと歯のおはなし

press to zoom
ねずみのペレスと歯のおはなし
ねずみのペレスと歯のおはなし

press to zoom
ねずみのペレスと歯のおはなし
ねずみのペレスと歯のおはなし

press to zoom
ねずみのペレスと歯のおはなし
ねずみのペレスと歯のおはなし

press to zoom
1/8

乳歯がぬけるのが、待ち遠しくなる!

素敵なプレゼントがやってくる、楽しい習慣。
ねずみのペレスにお手紙を書いてみませんか?
欧米の「子どもの歯」にまつわる楽しくうれしい慣習を、可愛くひもときます。

現在世界中で「トゥース・フェアリー(歯の妖精)」と呼ばれる慣習は、
1匹のねずみからはじまりました。
昔、ヨーロッパでは抜けた子どもの乳歯を屋根に投げていました。
屋根裏のねずみ・ペレスが新しい歯を持ってきてくれるからです。

時は流れ、抜けた歯は枕元に置くようになります。
ペレスは歯を持っていくかわりに、コインや小さいおもちゃを置いていくようになりました。
そして、ペレスは次第に「トゥース・フェアリー」と呼ばれるようになります。
今でも、世界中で歯の代わりに贈り物を置いていってくれています。

スペイン発のかわいくオシャレな「歯の絵本」です。

kobitos.png