本を探す > 

日本の絵本

ぼくラはばラばラ

さく 岡林ちひろ え 村田善子 監修 廣瀬俊朗

ISBN 978-4-907542-91-7

定価 本体1,600円+税

判型

AB変上

頁数

発行日 

44

2021/11/1

◇全国の書店で、無料でお取り寄せいただけます。ネット書店へのリンクはこちらから。

bnr_7net.png
bnr_rakuten.png
bnr_e_hon.png
bnr_tsutaya.png
bnr_hmv.png
bnr_yodobashi.png
bnr_amazon.png
bnr_honto.png
bnr_kinokuniya.png
bnr_honya_club.png
bnr_ehonnavi.png
bnr_yahoo.png

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/8

元ラグビー日本代表・キャプテン 廣瀬俊朗さん監修
多様性の大切さを描いた絵本

2羽のことりが「行きたいところがある」木の実を見つけました。
木の実を目的地へ連れて行ってあげるため、足の速いキツネ、体の小さなネズミ、
力持ちのゾウ・カバ・ゴリラ、キックが上手なカンガルーなど、
いろいろな動物がそれぞれの特技を生かして、木の実を運んでいきます。
そして着いたところは、小さな丘の上でした───。

ちがいをつなぐと、力になる。
ばラばラであることの、すてきな不思議。

多様性の大切さを、様々な動物が力を合わせて木の実を運ぶ姿になぞらえて描いた物語です。
そのパスワークは、まさにラグビーさながら!
ラグビーも、多種多様な役割のポジションがあって、いろいろな体格・能力・性格の人が、
それぞれの得意分野で活躍できるスポーツなんです。

自分の得意なこと、人と違うこと。組みあわせると、大きな力が生まれます。
いろいろなものを組み合わせて、みんなで未来というゴールを目指していきましょう。

「この絵本は、ぼくラからキミへのパスなんだ!」─廣瀬俊朗

kobitos.png