本を探す > 

海外絵本, 傑作絵本

アルフィーとせかいのむこうがわ

作 チャールズ・キーピング
訳 ふしみみさを

ISBN 978-4-907242-62-7

定価 本体1,600円+税

判型

頁数

発行日 

A4上

32

2018/10/1

◇全国の書店で、無料でお取り寄せいただけます。ネット書店へのリンクはこちらから。

bnr_7net.png
bnr_rakuten.png
bnr_e_hon.png
bnr_tsutaya.png
bnr_hmv.png
bnr_yodobashi.png
bnr_amazon.png
bnr_honto.png
bnr_kinokuniya.png
bnr_honya_club.png
bnr_ehonnavi.png
bnr_yahoo.png
アルフィーと せかいのむこうがわ
アルフィーと せかいのむこうがわ

press to zoom
アルフィーと せかいのむこうがわ
アルフィーと せかいのむこうがわ

press to zoom
アルフィーと せかいのむこうがわ
アルフィーと せかいのむこうがわ

press to zoom
アルフィーと せかいのむこうがわ
アルフィーと せかいのむこうがわ

press to zoom
1/5

ケイト・グリーナウェイ賞作家の、不朽の名作を新訳で再刊

霧が立ち込める川沿いの町。船の汽笛と遠くに霞む色とりどりの光。
幻想的な魅惑の世界へ、そっと連れていってくれるお話です。

町の片隅や路上の人々をテーマに、唯一無二の表現スタイルで数多くの名作を遺したチャールズ・キーピング。
本書は、幻想的なロンドンの風景を、少年の視点で描いたキーピングならではの逸品です。

あらすじ

テムズ川の砂糖工場の裏に住む少年アルフィー。毎週金曜日に、近所の通りにやってくるバンティおじさん。
アルフィーは、バンティが船乗りだった頃に見た「せかいのむこうがわ」の話を聞くのが大好きでした。
ある夕暮れ、アルフィーは、霧の中で色とりどりの光を放つ大きな船を見つけます。
「せかいのむこうがわ」に行こうと決心したアルフィーは、雑踏に紛れ、その船に乗りこみました。

kobitos.png